完治報告

完治報告

蓄膿症の手術からはや1年半以上経っているわけですが、ついに完治といっていい状態までやってきました。

スポンサード リンク

毎度毎度主治医の方に見てもらっていましたが、かなり好意的なコメントを受け取りました。

主治医「・・・(ふんふん)、いいですね!いいですよ!」


・・・なぜ2回言った?笑

で、今後は別段通院しなくてももう大丈夫な段階までやってきたとのことですが、念のために3カ月ごとに検診することにしました。

いやー、最初は2,3日に1回で、薬もかなり染みたりと四苦八苦ありましたが、それがやがて2週間に1回になり、1か月に1回になり、そしてついに3カ月に1回。

感慨深いものがあります。

蓄膿症の手術ははっきりいって大変ですが、治ると頭痛もなくなるし、目頭付近の痛みもなくなる。

さらに嗅覚も戻ったし、いいことずくめです。

手術するかどうか迷っているのであれば、出来る限り手術した方がいい、というのが自分の中での結論ですね。

私の場合はかなりの重症だったのでここまで時間やら何やらかかりましたが、軽微なものであれば日帰りレベルでも可能ですので、まずは病院で診察を受けてみることをオススメします。

ちなみに病院は大学病院・総合病院など、大きな病院で受けることをオススメします。

地元の小さいところだと、中途半端な診察しかされなかった経験がありますので・・・。

ご参考になれば幸いです。



スポンサード リンク

タグ

2011年4月21日|コメント (0)

カテゴリー:17ヶ月目

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)