主治医の方も変わり、再度検診

主治医の方も変わり、再度検診

気がつけばもう蓄膿症の手術から7カ月が経過している訳ですが、いまだに定期的な検診(1ヶ月に1回)は怠っていません。

スポンサード リンク

正直、いつまで検診に行けばいいのかな~?なんて心の中で思っている訳ですけども、今回の検診である程度の目安が出ました。

主治医の方も4月の異動で変わられたので、何と言われるかやや不安ではあったんですが、


主治医「(鼻の中を診ながら)順調そうですね。」

私「あ、そうですか。良かった^^」



どうやら問題なく、経過は順調。鼻茸の再発も見られないとのことです。


主治医「これだったら、2ヶ月に1回とか、ちょっと期間を空けても大丈夫そうですよ。」

私「・・・いえ、1ヶ月に1回の検診でお願いします。」



なにかあった時にできるだけ早く対処するためには、やはり1ヶ月に1度程度の方が何かと都合がいいだろうと思い、1ヶ月ごとの検診は継続。

ですが、診察上鼻茸の再発や癒着も無いし、また個人的にもすっかり鼻の通りもよくなって、さらに臭いもよく感じることができるので、経過は順調という一言につきます。

ただ、それでも薬が完全に無くなるわけではなくて、ナゾネックスだけは継続して服用するべしとのこと。

なにはともあれ、この調子が続いてくれれば、いずれ病院にかからずに済む日もそう遠くはないかもしれません。

引き続き注意しながら、薬の服用と、あとは鼻洗浄(エネマシリンジを使って)を忘れずに続けたいと思います。


スポンサード リンク

タグ

2010年5月 2日|コメント (0)

カテゴリー:7ヶ月目

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)