かさぶた・血などを吸引してもらいました

かさぶた・血などを吸引してもらいました

前日にガーゼ抜きを終え、入院生活の山場を過ぎたといっても過言ではなくなりました。

で、ここからは何をするのかというと、鼻の中に出来たかさぶたを吸引してもらいます。

ガーゼを抜いたことで、空気はガンガン鼻の中に入ってきます。

そしてまだ完全に血が止まっていないので、結果、鼻の中にかさぶたができるわけですね。

さらに厄介なことは、鼻の中というのは絶えず湿気を帯びていますので、かさぶたも柔らかく、鼻をかんでもなかなか出てこないのです。

さらにさらに、血が止まっていないことも相まって、できるだけ鼻はかまないで下さいとのお達しも主治医の先生から出されていますから、なおさら吸引してもらうしかないわけですね。


さてさて、朝の9時ぐらいに外来に出向き、そこで早速吸引をしてもらうわけですが・・・。

これが結構痛くてですね。汗

鼻の奥に吸引器を入れられ、さらにはそれが骨にも当たりますから、ズキズキ痛むわけですよ。

ただ、このかさぶたの処理はしっかりやらないといけませんので、泣き言は言ってられません。


で、ここで意外な提案を主治医の先生がしてくれることに。


主治医「もう退院したいというなら出来ますけどどうしますか?」


これは意外な展開となった。

できることなら退院は早めにしたい、が、不安もありました。


私「吸引とか鼻の掃除はどうするんですか?」

主治医「とりあえず吸引は無理だけど、鼻洗浄なら可能だから、それをやってもらいつつ、あとは定期的に通院してもらえれば大丈夫ですよ。薬も出しておきますから。」


その言葉を聞いた私は、明日早速退院することに決めました。

とりあえずこの日は鼻に綿球を詰めておいて、あまりかさぶたができないように。

あとは入院の際に持ってきた荷物の整理をしながら、明日の退院に備えていました。

そして退院へ(術後5日目)

スポンサード リンク

タグ

2010年2月 8日|コメント (0)

カテゴリー:術後4日目

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)