検索結果

タグ検索

蓄膿症 治療・手術体験記で“手術前”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

蓄膿症の手術前には注意点が各種あります

さて、蓄膿症の手術を受けることを決めたのですが、実は手術の決心をした時から、実際に手術が行われるまでには約2週間ほどありました。

なので、2週間はできるだけ手術時の負担を減らすような生活をして下さいとのこと。

具体的には以下の点に注意しながら生活することになります。


■風邪を引かないこと!

風邪を引くと、日頃健康な人でも鼻腔内が腫れます。そして、いつもは透明な鼻水も、黄色い痰のような鼻水へと変化します。

単純に、風邪を引くと鼻の状態が悪くなるのです。

ということは、ただでさえ重度の蓄膿症の私が風邪をこじらせてしまった場合、もっと悪化することに繋がるわけですね。

蓄膿症において、風邪は天敵と言ってもいいかもしれません。


■渡された薬をちゃんと服用すること!

蓄膿症の手術をするまでの間、できるだけ症状を抑えるための薬を渡されました。

点鼻薬とか、あと抗生物質とか。

それをちゃんと服用して、手術の負担を減らすことも大事な点です。


■タバコを吸わないこと!

まぁこれは普段の生活からなんですけども、喫煙者(管理人含む)の方でも禁煙をしなさいということ。

なぜかというと、タバコは百害あって一理なし・・・という抽象的な話ではなくて、もっと具体的なお話。

・タバコを吸うと、肺に負担をかけることになる。

・すなわち呼吸機能が低下する

・手術時の呼吸機能も低下

・苦しい・・・

こんな流れになるので、タバコは止めておいてくださいとのことです。


■服用している薬に関しては服用を続けること!

管理人はこの時は服用している薬は無かったのですが、もし服用を続けている薬がある場合は、服用を中止することはなく、そのままのペースで飲み続けて下さいとのことだそうです。


以上の4点が、手術前までの生活で気をつけること。

特に風邪に関しては細心の注意を払うべきですね。


そしてそんな生活を2週間送り、ついに入院する日がやってきました。

手術前日に入院でございます



タグ

2010年2月 3日|コメント (0)

カテゴリー:手術前の過ごし方