蓄膿症かどうかチェック

蓄膿症かどうかを見極めるチェック項目

「こんな症状があるんだろうけど、自分は蓄膿症なんじゃないか?」

「これってもしかして蓄膿症の前兆?」

などなど、蓄膿症かどうかは自分じゃよくわかりません。

ですから、ある程度蓄膿症かどうか見極められるチェック項目を用意してみました。


ただし、管理人自身の体験がベースになっていますので、詳しい症状なりは、とにかく1度耳鼻科で細かく検診してもらうのが何よりです。


最近、原因不明の頭痛や目痛がする

鼻がよく詰まる

最近、匂いをあまり感じなくなった

鼻水が黄色い、もしくはちょっと緑がかっている

鼻で呼吸をするのが困難


以上の5つの項目のうち、3つ以上当てはまったら、管理人と同じぐらい重度の蓄膿症の可能性ありです。

鼻が詰まったり、鼻呼吸が難しいというのは、鼻炎やもともとの鼻の構造等でも発生するものですが、それ以外の、匂いを感じないといったものや、鼻水が黄色いというのは危険信号です。

もし当てはまった場合は、できるだけ早く耳鼻科で診察をしてもらうことをオススメします。

早めに対処すれば、わざわざ手術をする必要もなく、薬だけでどうにか対処することも可能ですから。

管理人みたいに、何年も放置しておくと、後々痛い目を診ますのでご注意ください。泣


タグ

2010年2月22日|コメント (0)

カテゴリー:蓄膿症かどうかチェック