蓄膿症と臭い

蓄膿症と臭い

蓄膿症を患うと、体臭・口臭といったことも患ってしまうのか?

結論から言いますと、その可能性は大いにあると言えます。

スポンサード リンク

というのも、蓄膿症だと鼻が常時詰まっていたりするので、ついつい自分の臭いに鈍感になってしまうんですね。

私自身からの経験なのですが、蓄膿症の時は煙がもうもうとする焼肉屋の前を通りすぎても匂いを感じないほど嗅覚が全く働いていなかったぐらいなので、自分の臭いとなるとさらにわかりません。

つまり、自分の体臭や口臭に気づきにくいと言えます。

そしてもう1つは、鼻と口はつながっていますので、どうしても話をするだけでも口臭がしてしまうことも。

この口臭はブレスケアとかそんなレベルの話ではなく、れっきとした病気なので根本から改善するしかありません。

抗生物質を飲んだり、重症の場合は私みたいに手術したりと、大本から原因を絶って行きましょう。

放っておくと口臭といった臭い関係だけではなく、頭痛や眼痛まで引き起こしてきますので、早めの対処をオススメします。

スポンサード リンク

タグ

2012年9月30日|コメント (0)

カテゴリー:よくあるQ&A

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)